stckr

stckrは,計データをャート化できるサービスです

HOME > 求人統計  求人統計について

求人統計について

about

当サイトでは、ハローワークの免許別・資格別の求人数を場所別・時系列に知る事ができます。

何に役立てられますか?

免許や資格について、企業側の需要を過去から現在にかけて知る事が出来ます。 例えば、よくテレビCMで資格取得などの宣伝を見かけますが、実際に企業による需要(その免許や資格を持つ人を欲しいと考える量)が分からなければ、お金をかけてまで取得した意味がありません。人によっては勉強のためであったり他の目的で取得する方もいるので必ずしも無意味であると言うわけではありません。
しかし少なくとも就職を目的とするのであれば、企業の需要を無視した学習投資はリスクが高いと言えます。
ハローワークのサイトと根本的に異なる点は、知りたい求人が「今だけ偶然ある(または無い)だけ」なのか「以前から求人がある(または無い)」のかが把握できる点です。
当サイトで免許・資格の需要を知ってもらい、今後の学習や資格取得に役立てて頂ければ幸いです。

どんな人が使うサイトですか?

当サイトでは、ある特定の場所(県・市)における免許資格の需要を知る「場所>免許資格」検索、および免許資格を指定して需要地を洗い出す「免許資格>場所」検索の2通りの探し方が可能です。
「場所>免許資格」検索では、働きたい場所を指定する事で「ここでは何の職種が人気か?」を知る事が出来ます。
「免許資格>場所」検索では、取得したい(もしくは取得済みの)免許資格を指定することで「この仕事は何処で求められているか?」を知ることが出来ます。

FAQ

求人数は正確ですか?
1ヶ月間隔で取得しているため、最新情報とはいえません。ただし各ページでハローワークへのリンクを掲載しているため、最新情報を確認していただくことは可能です。
個別の求人情報が見当たりません。
申し訳ありません。当サイトでは集計値のみ掲載しており、個別の求人内容や企業様の情報は掲載しておりません。チャートの下にハローワークへのリンクがあるのでご覧下さい。
パートやアルバイトも含みますか?
フルタイム(派遣含む)のみ取得しています。
都道府県を選んだ際、市はありますが町村が見つかりません。
サーバーのキャパシティの都合上、市のみ対象としています。
となると、都道府県別の集計も市のみ集計した数値を表していますか?
いいえ、都道府県別の集計値は、町村を含む全体を対象にした値です。
求人数とは、求人を出している企業数の合計ですか?それとも採用人数の合計ですか?
企業数の合計です。例えば、A社で同じ職種の採用人数が3人だったとしても、1としてカウントしています。
自分の持っている資格の求人数がゼロでした。需要無しと言う意味ですか?
いえ、そうとも言い切れません。
例えば住宅会社であれば「建築士」、会計事務所であれば「簿記○級」といった条件は必須である事が多いです。
一方、「Excel検定」や「漢検」のように、持っていれば多少就職に有利に働く事もありますが、必須ではないものもあります。こうした資格は求人条件として現れません。
また、航空機のパイロット資格である「事業用操縦士」等のかなり専門的な資格の場合、独自の募集や専門の求人会社を使うため、ハローワークには掲載される事は少ないと考えられます。
都道府県合計より市の合計の方が多かったり、全国合計より都道府県合計が多かったりする数値があります。
2つの理由が考えられます。1つは、求人数を取得するタイミングが必ずしも一致していないケース。2つ目は、複数の都市に求人を出しているケースです。例えば、ある企業から新宿区と渋谷区で同じ求人が出されていると、新宿区で1、渋谷区で1の合計2になりますが、東京都の集計では1となります。